スポンサーサイト

2017.04.20 Thursday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    モンハンクロスプレイ日記110〜上位 アルバトリオン 古龍 煌黒竜アルバトリオン 1〜

    2016.10.20 Thursday

    0

       

       

      はいさ〜〜〜〜(∩´∀`)∩

      毎度の事ながら今更のネタw

      今回は久しぶりに普通?の記事になります( 一一)

      まぁ本当は他にも記事にしておきたいモンスが多いのですがw

      さて今回紹介してみたい相手は古龍から・・・。

       

      アルバトリオン!!!

       

      アルバトリオン1アルバトリオン2

       

      色々と逸話も多い相手。

      今回のクロスでは、ランク80を超えクエストが解放される仕様になります。

      (イベントとして、受注出来るクエストはランク80解放前でも貼れますが、その分普通のクエストよりも難しい内容です(-_-;))

      自分の記憶では初登場はWII版のモンスターハンタートライ。

      多くの初登場モンスが実装されたゲームの中で、ボスとして用意された大型古龍(; ・`д・´)

      当初登場したステージには、高台も用意されたり何かもありました。

      (今回クロスのステージでは、高台も無く更に戦いにくく・・・。)

      モンハンシリーズでは度々、大型のモンスが用意されておりますが・・・。

      大抵の相手は動きが遅く、機敏なイメージはありません。

      まぁ例としてあげれば、ミラ種やラオ種みたいな相手なのですが。

      このアルバトリオンに関しては、中型を思わせる体躯に・・・。

      高い攻撃力、素早い機動力、戦いづらい地形、各種属性やられ、空地と両立された動き等。

      色々とハンターを困らせる為に詰め込まれた相手です(ノД`)・゜・。

      まず地形に関しては割とこのクラスの相手では定番の溶岩島。

      まず何がいやらしいかと言えば、荷物の空きをクーラードリンクで埋められてしまう事w

      ダメージポイントがあるのも定番ですが、ベースに戻るためには戻り玉も必要。

      おいそれと態勢を立て直す事もできません( 一一)

      どんなクエストでも言えますが、事前準備はかなり大事です。

       

       

      さてそんな中で対峙するアルバトリオンですが、まず開始で驚くのは放たれる咆哮の速さ。

      通常のモンスでは、咆哮前に多少の溜めがあるのですが・・・。

      アルバはそれが極めて短いのです。

      これ意外と厄介なのですが、アルバに攻撃を加えている祭に怒りへ移行した時。

      唐突に繰り出されるアルバの咆哮で、短い間ですが動きを止められてしまいます。

      スキル等で対応策を講じていない場合は、咆哮によりすかさず怯み(ノД`)・゜・。

      もちろん出の早い攻撃もあるアルバ( ゚Д゚)

      下手をすれば問答無用で一撃を加えて来ます。

       

      アルバトリオン5

       

      まずは開始にアルバの咆哮を喰らい。

      そこから戦闘開始になるのですが・・・。

      アルバの特徴としてまず上げなくてはならないのが、状態により属性が変化する事(; ・`д・´)

      変化した状態により、アルバが使用する属性も変わり、弱点となる属性も変化します。

      持っていく武器は一種類ですが、途中で弱点が変わるとかどんだけでしょう( 一一)

      まぁ仕方がありません!!!

      こう言う仕様なのですから(ノД`)・゜・。

      ちなみにこの状態変化に関しては、アルバの様子から判断することが出来ます(゚Д゚)ノ

       

      アルバトリオン6

       

      体に赤い稲妻を纏ったような状態

      基本的に地上戦をする場合に多いのが特徴。

      この状態では雷属性、火属性を使用した攻撃が多く。

      氷、水属性が弱点として適用されます(゚Д゚)ノ

      この状態では、誘導性が高く当たり判定の見極めが難しい突進攻撃が厄介(ノД`)・゜・。

      かなりカーブを描く場合もあり、距離があるからと油断は出来ません(゚Д゚)ノ

       

      これ以外にも素早いバックステップに合わせた、威力の高いブレス攻撃。

      周囲や遠距離にも対応した落雷攻撃。

      出の素早い前足での薙ぎ払い。

      角を振り乱しての突き上げ攻撃。

       

      どの攻撃も威力が高く、一筋縄ではいきません( 一一)

      アルバ打倒を目指すには、これら多彩な動きに合わせ立ち回らなくては・・・。

      っと言うわけで続いての状態ですが・・・。

       

      アルバトリオン7

       

      青白い稲妻を体に纏った状態

      空中戦時に移行している事が多い状態。

      雷属性、氷属性を使用した攻撃が多く。

      竜、火、水属性が弱点として適用されます。

      怒り時に移行する事が多く、頻繁に移行する傾向にあります。

      接近戦としてアルバと対峙する際には、避けて通ることは出来ない厄介な状態(ノД`)・゜・。

      飛行モードへ移行する際の、巻き込みを含む飛び上がりも恐ろしく。

      飛び上がってからのアルバ様の猛り様もまさしく化け物w

       

      頻繁に繰り出される空中滑空は範囲の広さと、出の速さ、何よりもそのダメージに多くのハンターを恐怖に陥れ(-_-;)

      大きく飛び上がり広範囲に降り注がれるつらら?は、逃げ惑うハンターをあざ笑うようです( 一一)

      空中での攻撃は広範囲に及ぶものも多いのですが。

      怖いのはピンポイントで狙われた時!!!

      先に書いた滑空も怖いのですが、空中から連続で繰り出される対地への突っつき?

      当たり判定が微妙で見極めづらく、尚且つ執拗に狙われるので恐怖感も半端ない(ノД`)・゜・。

      追い立てられ、逃げ回る方はまさに地獄です(-_-;)

      これだけでも十分お腹一杯ですが・・・。

       

       

      これに加え、上空から移動しつつの薙ぎ払い氷ブレス。

      落雷での周辺への範囲攻撃。

      足元へピンポイントの尻尾薙ぎ払い。

      単発ですが地面に効果が残る氷ブレス。

       

      大技の威力も十分脅威ですが、各状態でいやらしい小技も多く。

      特に氷属性による、だるま化やスタミナ回復遅延状態。

      雷属性やられによる気絶状態の頻発化は、ベース送りへ直結します(; ・`д・´)

      これらアルバの攻撃を掻い潜り、打倒する事は大変ですが。

      だからこそクリア出来た時の喜びも、より一層のもの。

      簡単では無いからこそ得られるものです(∩´∀`)∩

       

       

      事前の準備も楽ではありませんが、それもまた遊びの一環。

      装備だけではなく、一緒にクエストに赴いてくれるPTメンバーも大事になります。

      上手くいかない事も、息が合わないことも多々ある相手。

      だからこそ、ゲームですし失敗しても遊びとして楽しめると思います。

      めげずに挑戦するも、また一興と言う事でw

      (ちなみに自分は周りのPTメンバーに頼るタイプですがw)

       

       


      今回はちょっと記事が長くなりつつあるので、もう一回に分けてまとめて見たいと思います(=゚ω゚)ノ

      次回はアルバに有効なアイテムポーチのお勧め何かについて書いてみたいと(; ・`д・´)

      まぁこれも接近戦での話なので、参考になるかは別です(-_-;)

      毎度の事ですが、見てくれた方に感謝しw

      次回もまた適当に記事を上げてみたいと思いますw

      それでは何処かで誰かが見てくれる事も夢見て。

      うんだばへばの!!!

       

      スポンサーサイト

      2017.04.20 Thursday

      0
        コメント
        コメントする