スポンサーサイト

2017.04.20 Thursday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    モンハンクロスプレイ日記48〜ランク解放 アカムトルム 1〜

    2016.06.03 Friday

    0

       

       


      はいさ〜〜〜〜(∩´∀`)∩
      今更来ましたw
      相変わらずの遅い仕上がり( 一一)
      まぁそこはいつもの事としてw
      今回唐突に記事にした相手は・・・。

      アカムトルム!!!

      アカム1


      久々のこの振り(゚Д゚)ノ
      ちょっといい感じですなw
      さて今回のアカムですが・・・。
      うろ覚えの記憶ながら、初であったのはモンハンフロンティア?
      大分うろ覚えですが(;・∀・)
      ミラボレアスやアルバトリオン、アマツマガツチに並ぶ大型モンスです(; ・`д・´)
      HR60を超えた所でクエストが解放されるわけですが・・・。
      意外と定番になりつつあるアカムクエw
      最近では亜種であるウカムルバス何かも頻繁に出演していますw
      って毎度の無駄話もそこそこに早速クエストの内容へ(゚Д゚)ノ


      獄炎に座す、覇たる者


      メインターゲット
      アカムトルムの討伐

      サブターゲット
      アカムトルムの背中破壊

      溶岩島

      受注・参加条件HR8以上


      さてここで詳しい内容に入りたいと思いますが・・・。
      まず参加資格はHR8から可能です(゚Д゚)ノ
      クエストを張れるのはHR60からですが、参加だけは8からいけますw
      まぁ実際問題、HR8の状態ではちょっときついと思いますが(;・∀・)
      っという訳でまずは準備から話てみませう(゚Д゚)ノ
      まず決戦場所は溶岩島・・・。
      名前の通りクーラードリンクを忘れられません( 一一)
      しかも島なんで戻り玉意外ではベースキャンプには戻れません。
      戻り玉何かあると便利です( 一一)
      後、体格の割には捕食攻撃もあります。
      頻繁にある攻撃ではないので、レアケースですがこやし玉もいざと言う時には役に立ちます。
      大きさの通り捕食攻撃の威力も半端無く・・・。
      自分なんぞは何されているか分からないままに食い殺された事も(´Д⊂ヽ
      そして何より怖いのは、攻撃力が元から高いのに防御ダウン攻撃を持っている事(;・∀・)
      忍耐の種を忘れると即死コースもありえます( ゚Д゚)
      後は忘れられないものとして、閃光玉!!!
      自分のようなへたれにはこれも重要(゚Д゚)ノ
      突進による徘徊やブレス攻撃への潰しができます(∩´∀`)∩
      これ以外に大事(゚Д゚)ノ
      まぁその他に準備で持ち込むのとは別ですが、このクラスの相手をする場合は。
      お勧めの食事スキルとして「ネコの長靴術」を押します。
      主なスキルの内容としては、「地形によるダメージや、やられを無効化する。」ってなもんでw
      意外と動きまわるアカムと、マップのそこかしこに散りばめられたダメージエリアに相性がいいのです(゚Д゚)ノ
      さて後は武器と防具のチョイス(;・∀・)
      アカム弱点は龍ですので武器はもちろんの事。
      防具も龍耐性が高い方がいいらしいですw
      龍耐性お勧め防具は「シルバーソル」!!!
      武器は自分は太刀が多いので「メメントノス」!!!
      この2点をお勧めしときませうヾ(@⌒ー⌒@)ノ

      いちお両方とも過去記事がありますので参考にしてもらえたら幸いw


      シルソルに関しての過去記事はこちら
      http://gensoukisi.jugem.jp/?eid=45

      メメントノスに関しての過去記事はこちら
      http://gensoukisi.jugem.jp/?eid=39


      って事でありますが少し記事が長くなりそうなので相変わらずの2部構成でいこうかと(;・∀・)
      毎度お手数かと思いますがさらに詳しい内容に関しては次回と言う事でw
      それでは次回もまた見て頂ける事を信じてw
      うんだばへばの!!!


      スポンサーサイト

      2017.04.20 Thursday

      0
        コメント
        コメントする